どちらのパソコンの値段がお得か?

個人向けはとにかく新品で値段が安い

家電量販店では個人向けのパソコンが数多く販売されています。メリットはかなり安い金額で購入できる部分で安価なものだと30000円から手に入れる事が可能です。またグラフィックボードがついているものでも50000円くらいからなのでゲームをしたいときにも重宝するでしょう。
一般の方が購入するのなら個人向けパソコンがおすすめでメーカーの直販を利用すればカスタマイズも可能となっています。市販品のスペック変更やオプションの追加など細かく調整できるので便利です。メーカー直販ならではのメリットとして割引サービスもあります。キャンペーン中は安価な金額で購入できるのでコスト削減をしたいときにも活躍してくれるのが特徴です。

法人パソコンは安いがデメリットもある

法人向けのパソコンは企業が大量に導入したいときに活躍する商品です。リサイクルマークが付属していないものでほとんどリサイクル料金が徴収されないのがメリットとなっています。一般家庭用のパソコンではリサイクルが義務化されていますが法人の場合は回収手段があるので、それを踏まえてリサイクルマークが付属しないです。
基本的にOSが古いものがたくさんあるのも法人向けパソコンの特徴となっています。人によっては使いにくい場合があるので初心者にはあまりおすすめではないです。最新のOSだとライセンス料が高いため法人向けはかなり安く購入できます。プライベートで使うことを想定してない法人パソコンはアプリケーションの数が少ないです。はがき作成といった便利な機能がないので自分でカスタイマイズしたい人向けとなっています。