法人向けパソコンのメリット、デメリットは?

法人向けパソコンのメリットを知ろう!

法人向けパソコンのメリットは、動作が早くて使い勝手がいいことです。法人向けパソコンは、家庭で使うためのアプリケーションは余分と判断し、入っていません。用途に応じて、自分達でスペックをカスタマイズできるのが法人向けパソコンなのです。例えば、テレビチューナーやゲームなどのエンターテイメントに使うもの、家計簿や年賀状作成などの家庭向きのものは省かれています。よって、動作が早くなるでしょう。特に、起動の時間に違いが出てきます。家庭向けのは起動に数分掛かりますが、法人向けは数十秒で起動できるのです。また、本体が頑丈でキーボードも使いやすいと言われています。ディスプレイも非光沢になっているので、目に優しくできているのはメリットです。

法人向けパソコンにもデメリットはある?

法人向けパソコンにも、デメリットがあります。例えば、強度を良くするために、重みと厚みがあるでしょう。頑丈なのはメリットにもなりますが、厚くて重いので移動には適していないのです。通常は持ち運びせず、社内専用として使うことが多いでしょう。持ち運びをしたい場合は、他のパソコンを用意することもあるのです。また、黒や灰色などの色が多く、お洒落なデザインとは言えません。入っているアプリケーションなどが少ないため、説明書がついていなくシンプルになっているのもデメリットになります。パソコンに詳しくない場合は、扱い方に困るでしょう。さらに、処分をする時にリサイクル料金が掛かってしまうので、注意が必要です。家電店などでは市販されていないことが多く、専門業者などで頼まないといけないのもデメリットになるでしょう。